トップページ > 不動産担保ローン用語集

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは中小零細企業向け無担保ローンの通称です。

 

従来、中小零細企業向け無担保ローンは「商工ローン」と呼ばれてノンバンクが取り扱っていた商品でしたが、日栄、商工ファンドの社会問題以降イメージが悪くなり「ビジネスローン」という名称に変化してきました。

 

ビジネスローンの商品内容は担保及び保証人が原則不要であるという点です。

 

融資金額は約1000万位が上限の目安で、金利に関しては保証会社の保証が入ったり結果的には利息制限法の上限金利15%弱に設定している会社が多いと思います。

 

また審査期間などは通常銀行の融資の場合時間もすごくかかりますし、提出資料も大量になりますが、ビジネスローンの場合は比較的、短期間審査で提出資料も銀行に比べると少ないと思います。

 

ただ借入期間に関しましては無担保という事もあって貸出期間は1年以内の短期資金借り入れが多いようです。

 

これまでの傾向を見ていますと、いわゆる商ローンと呼ばれていた商品は国の規制により崩壊し、鳴り物入りで参入してきた中小企業向けビジネスローンに特化した銀行、新銀行東京や日本振興銀行などは前者は東京都の資本注入をして存続していますが後者は解散しています。

 

現状を考えますとよほど内容のいい中小企業でないとビジネスローンは借入が出来ないような状況になっており、借入が出来なかった中小企業の方で不動産を所有又は担保提供していただける様な方がいる中小企業のみ不動産担保ローンという形で資金調達しているのが現状だと思います。

 

お電話での無料相談 ℡03-5246-7050

不動産担保ローンのお申込みはこちらをクリックしてください。

 

 

 

不動産担保とは

不動産担保とはおもに金銭を借り入れる際に、借主が債務を確実に履行するために、債権者である貸主に不動産担保抵当権又は根抵当権等の設定をして借入をすることである。

 

又債権者である貸主は貸付けた金銭を確実に返済していただく為に貸付けをする前に不動産評価を出し、評価額に掛け目を入れてその範囲内で融資をするのが通常である。

 

掛け目については不動産担保の場所や物件にもよりますが、戸建住宅で70~80%、マンションの場合60~70%が一つの目安になるのではないでしょうか。

 

お電話での無料相談 ℡03-5246-7050

不動産担保ローンのお申込みはこちらをクリックしてください。

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは不動産担保にして資金調達することです。

不動産評価してその評価の範囲内の金額を目安として借り入れすることが可能かと思われます。

金利についても無担保ローンにくらべ担保がある分低金利借り入れができると思います。

ただ、不動産担保借り入れをするわけですから、もしも返済できない場合には不動産を売却して返済するか、最悪は競売というかたちになってしまう可能性もありますので、多額の資金調達できたり、低金利などの利点があり使い方によってはとても魅力的な商品ですが大きなリスクも伴いますので、ちゃんと認識し計画的なご利用を検討してください。

お電話での無料相談 ℡03-5246-7050

不動産担保ローンのお申込みはこちらをクリックしてください。

 

遺産分割協議書

遺産分割協議

遺産分割協議(いさんぶんかつきょうぎ)とは、相続人の間で、誰がどの財産を相続するのかを協議すること。遺産相続の手続き。