トップページ > ら行 > 利息制限法

利息制限法


金銭貸借上の利息の最高利率を規制した法律のことです。高利の取り締まりを目的に制定された金利水準の上限を定めた民法で契約として有効な上限金利(100万円以上は年15%、10万円以上100万円未満は年18%、10万円未満は年20%)について定めているほか、みなし利息、遅延損害金についてなどが定められています。この利息制限法を超えた部分についてはその超過部分につき無効とするとなっています。